トップページ > 手汗の原因とは?

手汗の原因とは?

手汗の原因とは?

手汗をよくかくひとは、原因として自律神経が乱れているから手汗をかくと言われています。また緊張や不安をとくに持っている人が手汗をかきやすいのは、自律神経のコントロールがうまくいっていないとも言われています。

 

手汗が多いのは、生まれつきとか体質とか遺伝と思い込んでいる人など少なくありませんが、実際は手汗が異常に多い人は病気の一種です。手汗が多い人のことを手掌多汗症といい普段は手汗などはほとんどかきません。しかし、ほんの少しでも緊張してしまうと手に汗をかき掌がじんわりと湿っていることで、人に触れることが極端に怖いと感じたりします。

 

また例えば握手しなければならない時、緊張でじんわりと湿っていた手が緊張でさらに汗の量も増えてしまい、握手することができないといった悪循環にも陥ることもあります。それにより、相手に対して失礼ではなかったかと必要以上に感じ、それが病気へと発展することも少なくありません。

 

手汗が出る原因は極度の緊張や不安、それから過度のストレスによるところが非常に大きいです。特に今、手汗で悩んでいる人は精神的に問題を抱えてことが原因かもしれませんので速やかに病院で診察を受けることをおススメします。もしも手汗がひどいのであれば手術することも考えなければいけません。