トップページ > 宿便と腹痛の関係性

宿便と腹痛の関係性

宿便と腹痛の関係性

宿便は、腸の中に長い間残っている便のため、あまり良いものとはいえません。宿便と聞くと不安になる方がいるかと思いますが、体に異常を感じていなければそこまで不安がることはありません。

 

普通に生活していれば、たまに便秘になったり、下痢を起こしてしまったりすることがあるため、ずっと続くようであれば問題ですが、ほかに何も体に症状がなければ平気です。宿便があると体にとっては良くないことですが、宿便を改善しようと医療機関を訪れて腸内洗浄をしてもらうという方法を選択した人はたくさんいました。

 

腸内洗浄は体には負担になることがあったり、そもそも腸内洗浄をしてもらえなかったりするケースが過去にありました。宿便で気を付けてもらいたい点は、腹痛を伴うときです。便が腸の中に長期間ある状態だと排便をするときには痛みが出てたり、腹痛を伴ったりすることがあります。

 

その原因として挙げられるのが、食物繊維が体に足りていないということです。体内に食物繊維が足りていない状態が続くと、便が腸の中にとどまってしまい、便が腐り、腸の中で有毒なガスが生まれてしまいます。

 

有毒なガスは腸の中に溜まっていき、そのガスが多くなると腸が膨らみ、腹痛という症状として痛みが出るという仕組みです。また、この有毒なガスの厄介なところは体のあらゆる部分にも悪さをするということです。

 

血液に乗っていろいろな部分に運ばれると、口臭、体臭、疲労、冷え性など、いろいろな悪影響を及ぼすようになります。このようなことを防ぐために有効なのが食物繊維などを体内に取り入れることで、食物繊維などを体内に取り入れて、便をスムーズに出す手助けをしてあげましょう。